【サンデーブレイク】名言プチカウンセリング〜名誉の奴隷〜


静かで平穏な毎日は

不安の連続に縛られる成功の追求より
大きな喜びをもたらす

(アインシュタイン)

成功が悪いのではありません。

成功の状態が、自分にとっての平穏でなければ、
それはただ自分を苦しめるだけのものになるということ。

成功とは、自分を幸せにできて初めて得ることが出来たといえるのです。

 

死ぬ時に、後悔しない生き方は、どのようなものでしょうか。

必ずしも、人が羨む「成功」を手にすることではありません。

自分を幸せにすること。
自分のこころが静かで穏やかで、幸せに満ちていること。
それだけです。

 

そして、とても難しい。

自分のこころの声を聞かなければ、できません。
遠くのこと、他人のことばかりに気を取られていては、できません。

 

成功と幸せを同時に手にしている時、それは、成功の状態であっても、心が平穏な時です。

どんなに周りが騒いでも、心はただ凪いだ海のように静か。

そんな風にいられるのであれば、両立も可能です。

 

幸せに成功したいなら、焦らないこと。
急がないこと。
自惚れないこと。

落ち着いて、
自分の心地よい速さを知り、
自分の現実を知る。朽ちるものとしての謙虚さを忘れない。

それ以上の知恵があるでしょうか。

 

アインシュタインは、東京に滞在していた1922年、帝国ホテルでチップの代わりとしてこの言葉を贈りました。
このメモは、先月24日にエルサレムのオークションにおいて約2億円で落札されています。

お金では買えない知恵が詰まった、まさに金言ですね。

 

「成功」さえつかめれば幸せになれると思いそうな時、
アインシュタインの言葉を思い出してみてくださいね。

 

 

彼は、こんな言葉も残しています。


素敵な女の子を口説いているときは1時間が1秒のように感じる。

真っ赤な燃えかすに座ったら1秒が1時間のように感じる。

それが相対性だ。

アインシュタインはよく知っていますね。
自分にとって楽しいことをしている時、人生はあっという間に過ぎてしまうほど楽しいものだということを。

私たちは、1秒1秒に、どんな状況が来ても、自分の一番したいことを選択できます。

 

その自由こそ、人生で一番価値があるもの。

 

成功や名誉に縛られるより、自由になりましょう。

 

その時、人は人生の成功者となれるのです。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です