プロフィール ー 大切なものを大切にする世界を目指して

Ami(あみ)

東京都出身

東京基督教大学卒業
RCメソッド第1期認定カウンセラー

2児を育てるシングルマザー

趣味:eスポーツ(SFV)観戦

これまでの歩み

キリスト教会の牧師の娘として産まれる。

2001年9月11日に起きた、同時多発テロ当時。
「アメリカはキリスト教の国なのになぜ復讐するのか」という問いに接し、知識を深めて自分の意見を持つ必要を感じて神学校へ。4年間の寮生活を送る。

卒業後、約3年半の海外生活や10年に及びながら破綻した結婚生活、重症のアトピー・喘息・パニック障害といった病を抱えつつ1人での子育てを経験。

なぜこうなったのかを追求する中、自分が抱えていた心の問題に気がつき、人間の幸せは、苦しみは、どこから来るのかの答えを見出す。

その中で出会ったRCメソッドに、自分の得た答えとそれ以上の、人の心の真実が、汎用性の高い言葉で体系的にまとめられていたため、ここで学びを深める決意を固め、今に至る。

今できること

人が「何かをする」ためには、たくさんの支えが必要です。
その大前提が、心も身体も健康であること。

お金をたくさん持っている人が、
多く使う事ができるように、
身体が健康であればたくさん動ける、
健康でなければたくさん休む必要がある。
心が満たされていれば与える事ができる、
満たされていなければ貰おうとする。

全て、当たり前の事実であり、出来ないことが悪いわけではないのです。

カウンセリングを通して、

なぜ逃げられないのか、
どうして休めないのか、
それは本当に必要な我慢なのか、
どんな考え方に追い詰められているのか

親子・部下と上司・夫婦・恋人・友人…
モノや習慣との付き合いまで。

ひとつひとつ、確認してみませんか?

一人で整理できなくても、当たり前です。
毎日の仕事でいっぱいなはず。
生きるだけで疲れきっていてもおかしくない。
充分がんばっているのですから。

だから、整理をするお手伝いをいたします。

あなたには、その価値があります。

もし必要を感じたら…
ぜひ、お気軽にご相談ください。

これから目指す未来

当たり前のはずなのに、
疲れているのに働きすぎたり、心身に暴力を受けながら、学校・会社・家庭という枠組みにはまり、加害者のいる場所にいるしかないと追い詰められ、自死してしまう人がいます。

これは、当たり前の事が当たり前として社会に認知されていないから起こることです。

辛かったら逃げ出していいはずです。
疲れていたら休んでいいはずです。
でも、それが出来ない。

現状は、老若男女職業を問わず、無理をしている人が他者に無理を強いる、悪循環のうちにある未熟な社会といえるでしょう。

今何が必要なのか。

それは幸せな人が増えることです。

一人一人が、自分の幸せに責任を持ち、
自分に出来ることを持ち寄って、
他者から何も奪わず、依存せず、嫉妬せず、
違いを尊重しながら安心して生きていく。

その上で、人として必要のある議論が上下関係なく成り立つ、成熟した社会を形成して行く事ができます。

その先へ

現在の日本を嘆き、おかしいという声もよく聞かれます。

けれど私は日本に期待しています。

なぜなら、物質的に豊かで治安も安定しているからです。

人には安心できる家も、充分な食料も、必ず必要です。
物質的に満たされた私たちが、心も満たされることが出来たなら、どんなに素晴らしいでしょうか。

私たち日本人には、世界を平和に向かわせる潜在能力があるのです。

独裁者による政治で飢えている人がいます。
軍に家を焼かれ、残された子どもたちと食事の支援を待つだけのお母さんがいます。
子どもを抱えていたら、それがどれほど過酷なことか、痛いほど分かるはずです。

これが今、現実の話です。

私たちが生きる世界は、こんな所だから、
この世界に必要なのは、満たされた幸せな人。

持っていない人が与えることは出来ません。

幸せな人は、足りません。

いつの日か、多くの人が幸せで満たされ、
自分の使命を生きる時に、
世界の苦しみに届くかもしれない…

そんな希望を持って、今日も自分の使命を果たします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です