TOKIOをなくした方がいい?ー周りの人は、どのように山口さんに応対するべきか

TOKIOの山口さんが、辞表を提出したそうです。

山口さんの問題は、
ジャニーズ事務所のコメントの通りで「お気持ちを考えずにキスしてしまった」ことですね。

これはいつもの、意思を尊重しないゆえの悪いことです。

他のメンバーは悪くない

松岡さんが、TOKIOが山口の甘さにつながるなら、なくなった方がいいと言っていますが、TOKIOであることが相手の意思を尊重しなくて良いこととは、全員が思ったりしないわけです。
TOKIOであることでみんながおごり高ぶってしまうわけではない。

メンバーが懸命に謝罪していますが、彼らははっきり言ってとばっちりのはずですよね。
申し訳ないとか情けないとか、思う必要がないなあと思いながら聞いています。

山口さんがいなければTOKIOではないと考えるなら別ですが、彼らに責任が及ぶほどの、TOKIOをなくすという必要はないのではないかと思いました。

 

 

コミュニケーション不足が残念

ただ、気になるのは、彼ならやりそうだとは誰も思っていなかった様子ですね。
彼の性格や問題、TOKIOというものに対する価値観の違いについて、誰も知らなかった。
それほどコミュニケーションが不足していたということ。

悔いるべきことがあるとしたら、その部分かもしれません。

分かっていたら、いい意味でTOKIOである事の自覚を持つよう促すこともできたかもしれないですね。

 

 

山口さんを突き放すべきなのか?

さて、こういう時、突き放すことが一番とは限りません。

彼は事実を認めて謝罪をして、受け入れられて、謹慎をします。
退職もするかもしれない。
これだけ注目を集める中のこと。

それほどの制裁を受けた上に、周りからただ距離を置かれてしまうと、人としての痛み苦しみが大きくなりすぎてしまうかもしれません。
それは、被害者のご両親が言ってくれた「この過ちで1人の人間の未来が全て奪われてしまうことは私たちも望んでおりません」ということに反してしまいます。

 

どのように支える必要があるのか

手を差し伸べたくなる時もある」と国分さんは言いました。
それは、悪いことではないのです。

 

どんな風に差し伸べたらいいかというと、存在と行動の価値を分けて支えることです。

 

山口さんの存在は肯定してあげること。
こういう時周りは、存在まで否定してはいけないのです。

存在を肯定するからこそ、どうしてそんな行動を取ってしまったのかを、直視できるようになるのです。
山口さん自身も、自分の存在を肯定しつつ、なぜこんな事をしてしまったのかを直視しなければいけません。

きっと辞表を出したのは、TOKIOであるおごりに原因があったと考えたからなのでしょう。
でも、TOKIO全員がそうなるわけではない。
なぜなのかー
そういった部分に逃げずに向き合うことがこれから必要なわけです。

そのためにも、存在の価値は揺るがないという支えは必要です。
山口さんの周りの方は、そういった姿勢で彼を支えてあげていてほしいなと思います。
じゃなければ、どうにかごまかしてでも、人は自分の価値を保とうとするものです。

 

 

お酒の話もありましたが、
そういうものに走るようになった問題につながる理由は、罰を受けたらなくなるものではありません
なかったことにはならず残っています。
そこに向き合わなければならないのです。

心の健康が足りていない時、逃げずに大きな問題と向き合うためには、たくさんの愛と支えが必要なのです。

問題を起こしてしまった人を心から愛するためにも、存在価値と行動価値を分けて考えることが有効です。

 

 

身近な人が問題を起こしたら…

問題と本気で向き合ってほしいと思う時こそ、
周りは支えましょう。

 

 

誰かを支えたい方のご相談も、お待ちしています♪

お問い合わせ・カウンセリングご予約受付フォーム

2017.10.24

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です