アパートに9人の遺体…被害者は「一緒に死んでくれる人を探して」いた

ニュースタイトルを見ただけで目を疑うような事件が発覚しました。

神奈川県座間市にあるアパートの一室から9人の遺体が見つかったという事件です。

Twitterで自殺志願している女性を見つけては「自殺を手伝う」として呼び出して乱暴し、金品を奪って殺し、殺害した人の遺体は残したままで犯行を繰り返したと容疑者は語っています。
事実だとしたら、容疑者は異常な人物だったのでしょうか。

容疑者の同級生は彼について「普通だった…どこで道を間違ってしまったのか」と言っています。
今年まで勤務していた職業紹介会社で働く姿を見かけた人も「普通の人」と、容疑者の印象について語っています。

容疑者自身も周囲に自殺をほのめかしていたという事で、父親には「生きていても意味がない」「何のために生きているのか分からない」と話していたとも伝えられています。

自殺をしたいという共通点により結びついてしまった可能性がある被害者と加害者。

このような事件を通して私たちは何を考えることが出来るのでしょうか。

「死にたいけど1人だと怖い」誰かと一緒なら死ねる?

被害者の女性は、Twitterで「#自殺募集」のハッシュタグを付けて、「一緒に死んでくれる人を探している」という内容を書き込んでいて、容疑者と繋がった可能性があります。

それにより、このようなタグの存在が広く知られるようになりました。

事件後、Twitter上ではこのタグをつけて、自殺を募集することに対する意見が発信され続けています。

「死ぬなら1人で死ねばいい」と否定する人もいれば、「生きていれば何か良いことがある」「生きたくても生きられない人がいる」となんとかして励まそうとする人もいます。

その中に、そうするしかなかった被害者を擁護しつつ、こんな気持ちを「相談できる人なんていない」という人がいました。
死のうとしているのに、「誰かと一緒に」と考えてとった行動が自殺仲間を募ること。

とても歪んではいます。
けれど、なんとかして、誰かと繋がっていたい気持ちが汲み取れますね。
被害者の気持ちに寄り添う人から出て来る言葉が「相談できる人なんていない」となることからも伺えるように、自分の本当の気持ち、死にたくなるほどつらい気持ちに寄り添ってほしかったというのが真実なのではないでしょうか。

本当はただかまってほしい、ただ話を聞いてほしいだけだったのかもしれません。

人の思いが瞬時に繋がるのは当たり前の時代

「#自殺募集」などのタグを規制するべきというツイートも見受けられましたが、たとえSNSがなくなっても、規制をかけても、死にたいという気持ちが消えるわけではありません。
問題は、SNSに願望を書き込むことではなく、本心を出す場所がない、聞いてもらえる気がしない、という絶望の方にあります。

一度抱えてしまった死ぬほどの辛さは、必ずどこかに出すしかないものであり、他に本音を吐き出す場所がないと諦めていたなら、身近なものとなったTwitterを利用して他人と繋がってでも理解者を求めるのは最早自然な流れなのです。
このような行動は、死にたくて仕方がないほど辛い人が、なんとか生きるために取っている本気の行動と言えるでしょう。
そうでもしなければ本当の自分がなくなってしまいそうになるのです。
このような時には、抑えつけるのではなく、自殺したいという言葉を否定することなく、自殺願望を招いた苦しみに目を向け、適切に癒されなくてはなりません。

事件を発覚させることになったのも、被害者とLINEで連絡を取り続けていたお兄さんが行動を起こしたことによります。
SNSで何かと繋がることは当たり前の前提として、これからどうすればいいのかを考える必要があるのです。

必要な報道は、自殺をやめたことによる良い結果・残された人の後悔・悲しみ

自殺サイトという特殊な場ではなく、Twitterという、一般的な場所でも自殺志願者同士が繋がれるのは、最早当たり前の時代です。
自殺に関する報道は規制されることもあると耳にしたこともありますが、報道規制をかけたところでSNSで簡単にこういった情報と繋がれる時代になったのなら、むしろ積極的に良い面を発信しなければならないのではないでしょうか。

「自殺募集」と検索をかけた時に表示される相談窓口で、どのようなやり取りがなされて思い止まった人がいるかなど、利用してみたいという希望に繋がる情報とも簡単に繋がれるようにしたいものです。

そして、残された関係者がどれほどの長さ深さで苦しさを抱えることになるのか、ごく身近な人だけでなく、こんな意外な所にまで影響を及ぼしてしまったという現実の結果にも繋がりたいものです。

今回の事件の被害者は、見ず知らずの他人を頼ってでも、抑えきれない本音に近いものと繋がらずにいられなかっただけなのかもしれません。

けれど、そのような最後の望みすらかなえられず、からだは「遺体の一部が発見された」などと報道され、持っていた携帯や持ち物までゴミとして捨てられてしまいました。
心も身体も持ち物も・・・すべてが無残な結果になってしまっているのです。
「自殺したい」という人が、このような非道に巻き込まれることを望んでいたはずがありません。
ほんとうは心も身体も持ち物も・・・「自分のしたいようにしたかった」はずです。
それが出来ないから死ぬしかないと追いつめられるのです。

どうすれば心の奥深くに眠っている「自分のしたいようにして「生きたい」」という望みと向き合い、辛さを慰められることで生きて行こう、という力を得ていくことが出来るのでしょうか。

生きていく価値のある世界、という希望を語る

自殺を思いとどまったところで、「みんな死にたいけど我慢してる」ような世界では、踏みとどまる価値がなくて当然です。
最終的なゴールがそれでは、辛さに向き合う力を得ることは出来ません。

だからといって、大成功物語を目標に掲げる必要もありません。

大事なのは、人は何の変わり映えもしない毎日に、心から幸せを感じることが出来る、という希望を伝えることです。

誰かの言う幸せの基準を叶えなくていい。
自分を殺してまでする我慢は必要ない。
何が自分の幸せなのか、それは自分の心の中に必ず書いてあります。
自分の本気の叫び声に、まず耳を傾けて欲しいと思うのです。

愛されたい。
話を聞いて欲しい。
自分の意見を尊重されたい。

そんな声が聞こえてきたら、決して否定せずに、認めることから始めてみて欲しいと思います。

たとえば「連絡を取れなくなった妹を探し続けていたお兄さん」。
そのような愛が自分に向けられていても、受け取る力がないほど傷つくこともあります。
そんな時心はこんな風に叫んでいるかもしれません。

愛されるはずがない。
相談できる人なんていない。
自分の意見はいつも聞いてもらえない。

そんな声が聞こえてきた時は、自分はとてもとても傷ついているのだ、という風に気が付いてあげて欲しいと思います。

絶対はありません。
けれど、自分が自分の心の叫びに耳を傾けることが出来た時、きっと死ななくても良い道が開けるはずです。

 

そして、「生きていても意味がない」という動機は、他人の尊厳を破壊し利用しつくす行為にも繋がりました。

「意味がある生を送りたい」という叫び声が聞こえてくるのは、気のせいではないはずです。

 

どんなに平凡でも、持ち物が少なくても、自分の傷の無い心からの本当の願いを叶えることで、当たり前の毎日を喜べる状態に近づくことが出来ます。

自分の心の声が分からなくなるほど大変な時は、誰かと一緒に探してみるのも良いでしょう。
ですが自殺仲間には、自殺したくなくなる心境というゴールが見えていません。
死ぬしかないけれど、実は生きたくてそう思っているのかもしれない、とほんの少しでも感じたら、「自殺を乗り越えた自殺仲間」に頼ることができたら良いですね。

私も死ぬことだけが解決だと思っていた時期がありました。
もしお手伝いできることがあれば、ご相談に乗りたいと思いながらお待ちしています。

お問い合わせ・カウンセリングご予約受付フォーム

2017.10.24

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です