彼のこと「だけ」を考えてしまう恋愛の、何が危険なのか

今回は、彼の愛に飢えているといった自覚のある方にはショックを与えるかもしれない内容となっています。
もちろん、そういった方にこそお読み頂きたいのですが、ご了承の上で読まれることをお勧めします。

まだムリかも…という時は、

人間は尊い存在…それはただの事実だから、間違って評価しても、何も変わらない

2018.04.04

「居場所がない…」と感じた時に-この世界があなたの居場所である証拠

2017.12.02

こちら辺りの記事を10回くらいお読みいただいて、とにかく自分の価値というものをアタマに刷り込んで、自分の価値が足りずに愛が足りないと思わなくなってからまた挑戦されてみてください!

今後もこういった、あなたの価値を知るための記事を出し続けていきますので、ブログを読み続けられるだけでも大丈夫です(^_^)

 

 

彼のことが好き…

いつでも彼のことを考えて何も手につかない…

他に楽しいことが何にもない…

 

 

でも、
実は愛を注がれず
無視をされたり
酷いこと
厳しいこと
人格・尊厳を否定されるという、
人に対してしてはいけないことを言われたりされたりし続けているというのに
彼よりあなたを大事にしてくれる人の言葉も聞こえず

 

優しい時もあった…
彼は忙しいって言ってた…
昔の彼女には尽くしてたって言ってた、
私がいけないから優しくしてもらえない…
笑ってくれた…
挨拶してくれた…
抱いてくれた…

 

あみ
・・・・・・・・

 

あみねこ
・・・・・・・・

 

あみ
先生、お願いします…

 

???
喝ぁーーーーーーーーーつ!!!!!!
甘い!甘い!
その採点、甘すぎるわよー!!
挨拶なんて、誰にでもするわ!

 

あみねこ
ががーーーん

猫は…
女の子が笑いかけてくれたら
自分のことが好きなのかもしれないとすぐに思ってしまうのにゃ…

でも、笑顔で話すって、普通の事だったのにゃ…
みんな友達と笑顔で話しているのにゃ…

 

???
ネコちゃんの悩みはそっちね…

男性が女性を抱くのも同じくらい普通のことよ。
自分に失いたくない女性がいたら、彼女のためにしないかもしれないけどね。 
それこそ、即切捨てられる事だって分かっているから。
そういう、自分の価値を知っている、尊厳を傷つける事をゆるさない相手だからこそ…失いたくなくなるのよ。

 

 

そういう事なんです。

今現在与えられていない
そもそも与えられたのかも分からない
愛情のようなものを想像して
何ヶ月も求め続けているとしたら

 

全く健全な恋愛ではないと思って間違いありません。

 

 

人格否定をする人や、
尊厳を傷つける人から
なぜ愛がもらえるかもしれないと
すがり続けなければならないのでしょうか。

私には、
そう言われても仕方がないのかも
思ってゆるしているからですね。

私には、
このカケラのような愛情すら
注いでくれる人はもういないかもしれない
勘違いをしてしまっているからですね。

 

本当はそんなことないです。

 

本当はそんな事をした相手は、
その時点で人生からつまみ出していいくらいの失礼な人でしかないんです。

女性の扱い方も何も分かっていない。
自分の立場も分かっていない。

 

 

花なんです。
世界の花。
存在が、喜びなんですよ。
何もしなくても
いてくれることが大切なんです。

花の麗しさを喜びたいから
愛という水を注ぐ。

そういう人が花の主人にふさわしいと
すぐに分かりますよね。

 

もちろん、誰もが綺麗という花でなくていいです。
世界にはこれほど多くの花がある。
その1つの認識で大丈夫。
でも、どの花にも大好きだっていう人はいるって、分かりますね。
熱烈なファンがいるって。

そういう存在です、あなたも。

 

花を踏みつけたりするような
相手には何もあげる必要ないんです。

あなたの香りももったいない。

 

 

 

これまで何度も言いました。
あなたには、価値がある。

女性としての価値もある。
男性としての自分の価値を理解した男性に、
愛を注がれて美しく咲いてほしいと思っています。

 

もちろん、
この世界は行動の価値に関わらず
誰にでも優しく
空気を与え、
雨を降らせる世界です。

それと同じように
自分も彼の行動に関わらずに自分を与えてあげるんだという生き方も選べます。

でもそれは、あなたの仕事にしなくてもいいこと。
女性であることを、利用されなくていいんです。

その時は、自分で選んでいることと、
自分の本領を発揮する場ではないかもしれないことを知った上で
心の底から自分の意思で、
選択をしてください。

 

 

白馬の王子様は待たなくていい。

 

でも
せめて、星の王子様は求めていてほしいです。

 

あのバラは、たった一輪でも、
キミたち全員よりも重要なんだ。

なぜなら、ボクが、水をやったり、
ついたてを立てたり、
ガラスの器をかぶせたりして
世話をしたからだ。

不平不満だって聞いてあげたし、
自慢するのにだって付き合ってあげた。

バラが、黙りこくっても、
我慢してそばにいてあげた。

だって、ボクのバラだからね。

(星の王子様)

 

こんな風に、誰と、なぜ向き合っているのかを自覚している人を。

 

 

彼と身体の関係を持ったことで
思い入れが出来てしまい、
彼のことばかり考えてしまうとしたら。

彼が、女性だから関係を持ったのか
あなただから関係を持ったのかを見てください。

 

あなただからであれば、
彼は今もそばにいて
あなたに愛情という水を注ぎに来ているはずです。

だって自分の花なんだから。

 

世話をしない=他の人のモノになってもいいやってこと。

 

 

…悲しいでしょ?そんなの。

怒ってください、
怒ってください。

 

それが当たり前です。

尊厳を傷つけられているのだから。

そんな事をされてもいい自分、にならなくていいんです。

 

 

 

本当に愛してくれているとしたら、
世の中がバラ色に見えます。

それは、愛されてる私幸せハッピー♪のバラ色じゃないです。

彼がいない時も。

彼のことを忘れて元気に過ごすことが出来るという意味なんです。

ふとした瞬間に、
彼のしてくれた愛情表現の数々が思い出されて
あ、そのおかげで満たされてて幸せなんだなあ
ありがたいなあ
と、思う時はあります。

 

でも、彼を四六時中求めたりしません。

 

ちゃんと愛されてるから。
満たされてるから。

 

彼はいつでも自分に愛を注いでくれる人として
存在してくれているからです。

 

幸せな恋愛ってそういうもの。
完全にただ女性を幸せにするだけのものです。

 

本当に素晴らしい恋愛というものは、
女性の求める基盤と安心を作り、
世界や自分の素晴らしさに目を向けさせるものです。

彼からの愛に飢えて
彼だけに注目させるような簡単な関係は、
価値あるあなたにふさわしい恋愛ではありません。彼にもです。

 

男性の愛はこんなにすごい力を持っているんですね。
だから、男性にとって自分の力を発揮する事が幸せと感じられるようになっているワケです。
力を発揮してもらう前に甘やかしちゃ、出なくなります。
彼だけを見ていたら、簡単すぎるでしょ。

頑張って彼女が幸せになった。
自分の力だ。
大切なものだ…
そんな風に関係を育むのが健全なんです。

 

 

愛を注いでくれる=力を注いでくれる人にだけ、
甘さを出せばいいのです。

満足するほど注いでくれたなら、
甘さに酔ってもらえばいいのです。

順番を間違えなければ、彼のことばかり考えるワナにはまらずにいられます。

 

 

彼のことばかり考えてしまう
水も注がない人に甘さを出すのはおかしいと気付こう

 

 

自分の持っているものの素晴らしさを知っていれば、こんな恋愛はしなくていいって分かるようになります(^_^)
それに、愛を受け取るかどうかも自由なんです。
気に入った愛だけ受け取りましょう。

パーソナルタイプ診断・カウンセリングご予約、お問い合わせ受付ページ

2017.10.24

あなたの価値を知るための、カウンセリングです。
男性にとって女性がどういう存在か、みっちりお教えしますよ(笑)
ご予約お待ちしています☆

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です