自分を愛する様々なタイミングー話す準備が出来ていてこそ、言えることもある

 

今日も、お話(カウンセリング)させて頂いた方の言葉で印象に残ったものがありました。

 

話す準備が出来ていたから、言えたんだと思う」。

 

もし自分の中で何の整理も出来ておらず、
自分の状態を認められていなかったら、
唸るばかりで言葉にならなかったかもしれない、
という事でした。

 

そういう時ってありますね。

 

現状が苦しすぎて、
自分でも何が苦しいか分からないくらい大変、
そんな自分のことまで嫌になってしまい、
本当の事を話すのがつらい。

渦中から、
抜け出す事が出来てやっと
自分に必要な事だったのかもしれないと納得をして、
人にも話すことが出来る。

 

それもアリだと思います。
落ち着いて人と話すことによって、
整理が出来て、
自分の現状がどのくらい良いか、
残された問題は何かを
確認することに集中できます。

今日はそちらのパターンになりましたが、
これも意味のある事だと感じられました。

 

 

そして、
辛すぎる渦中に何も出来なくて
打つ手がなくて、
とにかく何かにすがるために
話してしまう、というのも一つの選択ですね。

その時はなかなか
エネルギー消費も多くなり、
涙が止まらなくなる事も予想されますし、
話しながら、
自分の現実と向き合わなくてはいけない、
そこが一番大変かもしれません。

大変ですよね。

 

でも、現状を見てみると
打つ手はあるんです。
何かを変えたい、だから話す。
だから絞り出す。

そういう、
ある意味での自分への愛情が、
させている行動なんですね。

だから、大変だけど
それも一つの選択です。

 

ゆっくりでもいいし、
急激にでもいいと思います。

どちらのやり方でもいいと思います。

自分を愛するための行動が出来るなら、
それがただ話すということであっても
きっと自分は応えてくれます。

 

 

話しをすることがきっかけになって、
色々なかたちで自分を愛することにつながって
いきますように願いました。

 

その先にあるのは
きっと自分と
自分の大切なものの幸せに違いない。

そう信じながら、
お話を聞きたいと感じました。

 

そして、人として当たり前の話すという事も
愛の動機でしていくのならとても尊いと
思わされたひと時でした。

今日お話して下さった方は、
他の方にもぜひと思ったと言って下さり
とても嬉しかったです。

せっかくご自分について話してくださる事から、
良いものを取り出し、
不要なものを断ち切り、
人生の向きを良いものにしていきたい…
改めてそう感じました。

小さな良い事を、
愛せるようになりますように。
そして、大きな良い事を、
心から喜べるようになりますように😊

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です