浮気する男、束縛する女①ー価値がない浮気男の彼女の座

金に価値がある理由の一つは、地球上の埋蔵量が限られていることです。

つまり、掘りつくされたらもう作れない。
だから価値が高いんです。
無限に湧いてくるならいくらでも使えるし、あまり大切にもされませんね。

では、世の中に一つしかないものはどうなるでしょうか。

「恋人の座」というのも、その一つです。

自由があるのに選ぶということ

浮気をするのが当たり前という考えの人の恋人の座は、複数あります。
つまり、一人の人を恋人にする信条を持つ人の座に比べると、価値は2分の1以下に下がります。
増えれば増えるほど、まあ、誰でも座れるイスだね…ということになっていきます。

たった一人の人として大切にされる事の嬉しさがわかるでしょうか。

人は自由な存在です。

どんな価値観を持つことも自由です。
浮気をするのも自由。
自由です、やろうと思えばいくらでも出来ること。

でも、自由なのに、しない。
あえて選んで一人の人を選び続けていく
意思を発揮することも、出来る。

つまり、自分の恋人の座の価値はコントロール可能です。
オンリーワンにすることも出来る。

あなたにはその力があるんです。
一人の人を心から幸せにする事が出来る力。
あなたにしか出来ないことの一つ。

浮気男に成り下がってしまうと、女の子一人幸せにすることも出来なくなります。
彼女はすぐに気がつくんです。
でも、違っていて欲しいから、様子を見て、黙っているんです。
男性を好きになるのって、なかなか出来ることじゃないから。
それを裏切るのなら、覚悟しないと。

女性を幸せに出来る力がある

もちろん、浮気をされた彼女の価値はそんな事で下がったりはしませんが、彼女はたった今一人の人として愛さる幸せを経験することが出来ていない。

せっかく生きているのに。

せっかく素晴らしい女性なのに。
いますぐ幸せいっぱいに満たされていいのに。
いますぐ愛されて、大切にされて、可愛がられていていいのに。

好きなことをして笑顔を見せてくれていたら、それが人々を幸せにする事ができるのに。
そうやって愛してくれる人がいる時の女性は輝くほど美しくて、弾けそうなくらい幸せで、
そんな人がいるだけで世界って素晴らしいと思えるような存在になれるのに、
子どもを産むことも育てることも幸せでたまらないのに。

他人にも与えられる価値の低いキスなんて欲しくなんてない。
一度のキスですら、ナイフで刺された傷跡が消えないのと同じくらいいつまでも影響します。
暴力と変わりません。
それ以上のことはもう口にするのもはばかられますね。

そんな目にあっている人がいるだけで、酷い世界だなって思ってしまうくらい、傷つきます。

破壊と創造でいえば、破壊すること。
世界の毒にならないで。
そこで育てられる子どもが傷ついたまま過ごすお母さんを見ることになります。
あなたの選択は100年先まで影響します。

本当に幸せになれる人は

半分以下の愛なんて、女性には毒です。
彼女を腐らせてしまうだけ。
透き通るように美しい真水みたいな愛じゃないと、女性は美しく咲けません。
そういう風に出来てるんです。

男性のあなたには、世界を平和にしていく力があります。
女性を輝かせる力がある。
愛させてくれる彼女がるいるなら、全身全霊で大事にしてみてください。
そうすると、彼女の力に驚き、自分の力のスゴさに酔いしれることが出来ちゃうかもしれません。

それで一番幸せになるのは、男性のあなただったりするんです。
その幸せを経験してみる人生を選んで行くことも出来るのです。

 

浮気の影響を小さく見てしまいそうな時に
  • 浮気出来る自由があるからこそ、しない選択が尊くなる。
  • キスひとつですら、彼女の心を刺す行為。影響は大きすぎる。
  • 女性を幸せにする幸せが、実は男の幸せの醍醐味のひとつ。

 

②浮気はしてもいい、ただし・・・
③違いは必要だから存在する

と、続く予定です(^_^)

浮気男を例にしていますが女性も同じです。
彼をオンリーワンの彼氏にしてあげてくださいね。

浮気をされて傷ついた経験も、
してしまった経験も、
これからの選択で全く違う道を行くことも出来るようになります。
浮気をするかどうかは、意思やポリシーの問題で、彼女の魅力が足りないとかそういう問題ではありません。
別れてからにすればいいこと、それが出来なかったということ。
自分を責めないのが大事です。
自分を解放するためのゆるしも、効果的。

カウンセリングでお手伝いすることも出来ます♪
お気軽にご相談ください!

パーソナルタイプ診断・カウンセリングご予約、お問い合わせ受付ページ

2017.10.24

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です