人の行動を気にしてイライラするよりも、自分との約束を守る

人が思い通りの行動をしてくれないー
望む通りの言葉を言ってくれないー

そのような理由でイライラしてしまう事があるでしょうか。

逆に、思い通りにならないと怒りをぶつけられた事はあるでしょうか。

両方とも、問題は相手に求めてしまうという部分です

自分を変えることで、解決しましょう!

自分との約束を守る

自分との約束を守る、とは、自分を大事にする事と言えます。

では、どうすれば自分を大事にすることが出来るのか-

自分はこういう人間でありたい
こんなものが大事だ

というものを大切にすることです。

誰もいなくても、自分一人で守れる約束を守り続けましょう。

出来るだけ具体的な事が良いです。

たとえば健康を大事にしたいと思うなら、

寝る時間
起きる時間
ご飯を食べる時間

など、まだ健康のために不十分だと思えることがあったら、そこを改善します。
健康のためには、365日一定の時間に寝起きし、同じ時間に食事をとることが非常に大切だからです。

また、美しさを大切にしたいと思うなら、

なるべく自然のままの食材を採る
充分な睡眠をとる
身体を適度に動かす

などの中から、自分の出来ること、必要だと思う事を探します。

平和を大切にしたかったら、

笑顔でいる
形にこだわらない
怒ってもそのままぶつけずに解消できる方法をとる、常に探す

などが考えられます。

なるべく1つずつ。
守りやすい、でも自分には大事なことから始めたいですね。

出来ている時には、ずっと自分を褒めてください(笑)

今日自分はやるべき事をした、している、もう今日はコレで充分だ!
後は全部やらなくてもいいのにおまけに頑張ってることだ、エライ、偉すぎる!

こんな調子で行きましょう(^_^)

大事なのは、まず最初に立てた約束を守れる事が当たり前になってから、次の約束をすることです。

出来ないことを当たり前にしないようにしましょう。
自分を裏切っていい存在にしないようにしましょう。
とにかく、自分を大切にする-

そうすると、人が何をしてくれなくても、いつでも、満たされて過ごすことができるようになります。

それが良い人生のための道であることは、お分かり頂けるのではないでしょうか。

人と関わる時にも、自分との約束を第一にする

自分との約束を守ることが当たり前になると、人が絡む出来事に対しても、自分との約束を守れるようになります。

それが当たり前になると、相手がどのような相手でも、自分の行動を左右される事はなくなります。
誰といても、いなくても、自分の大事にしたいことを、大切に出来るようになるのです。

争う事が嫌いなら、相手がどのような人でも自分は争わない、という選択をする事が当たり前になります。
そして、争う事を当たり前にする人からは、自然と距離が取れるようにもなります。

自分の大事にしている事を守ることにより、環境も自分にとって心地良いものになっていくのです。

他人は本人の都合によって動いています。
それは、当たり前のことですね。
自分が満たしてほしい時に、必ず動いてくれる保証はありません。
それでいいのです。
それこそ健康な人間関係です。

自分も、人から要求されたことに応えなくてはいけないなどという事はありません。
言って欲しそうな事を言わなくてはいけないという事もない。
お互いが、自分の意思で何かをしてあげたいと思う時、応える・伝えるだけでいいのです。
これは、お互いに負担をかけない生き方であり、自分を大切にするという事は、人を大切にするための本当の近道であると言えるでしょう。

だからこそ、一緒にいて幸せだと思える瞬間は、素晴らしいのですね。

人からの好意を受け取りやすくなるのも、自分との約束を守っていて、充実した気持ちになっている時です。

結局、自分を大事にして、自分との約束を守ることが、すべての基本となるのです。

自分の命の価値を知る

こうして、自分や人に対して誠実に約束を守り続け、自分にとって大切なことを本当に大事に出来ると、人生は満ち足りたものとなって行きます。

そのような時、自分に対して、この命は生かす価値がある、と心の底から感じることが出来るようになります。

そうなれば、価値ある命のために、手をかけ、時間をかけ、快適さを提供していくことを目指すようになるのは、必然といえるでしょう。
こうしてますます自分を大切に出来るようになり、自分が扱うように人からも扱われるので、人からも大切にされるようになります。
すると、愛されていると実感できることがさらに増え、自分を大切にし、人を大切にしていく力が湧いてきます。
人生が良い方へ向かうのがお分かり頂けるのではないでしょうか。

これが、人として当たり前に得られるべき自己肯定感を持っている人の状態です。

この先に、自分のやりたいことや得意なことで、社会に貢献しているのを感じられる状態があります。

困難があっても常に幸せを感じ、自分で生きる力を生み出し続けられる段階です。

どちらも、まずは自分との小さな約束を守ること-

それを続けるだけで到達できる、誰にでもできることなのです。
人を変えようとするよりも、ずっとずっとコントロールしやすいですね。

自分の人生は、自分でコントロールできる。

それがこの世界の人に共通に与えられた自由であり、ルールなのです。

 

自分との約束を守るのは
  • 自分で自分を愛すること。
  • 自分と他者の自由を尊重する近道。
  • 自己肯定感を持っていれば、当たり前にしていられること。

 

間違った自己認識によって良い方を選べない

とは言っても、必ずしも簡単に自分を大切に出来ないこともあります。

それはどのような状態の時かと言うと、
自分は大切にされないのが当たり前だと感じている時や、
不本意で惨めだと感じる状態に留まることで、自分に酷いことをした人への復讐をしたい時です。

人は、悪いものだと分かっていても、自分はどういう人間であるかという認識に相応しい選択をしてしまいます。

「自分はいつも捨てられる、自分には価値がないから」

と認識している人は、それを事実であると確認するかのように、人が嫌がること、嫌われて当然という事をしてしまう場合があります。

そして、耐えかねた相手が離れていった後、「やっぱり自分はこういう人間だった」と確認してその認識を強めるのを繰り返します。

環境によって良い方を選べない

また、環境が悪いことでとても自分を大切に出来ない場合もあります。

周りからの悪い影響が強い時は、自分が何を大事にしたいかというそもそもの部分が分からなくなりがちです。

悪い環境が続くと、そこから抜け出した後も、その時に受けた扱いに相応しい自己認識を持ったまま他の場所で過ごします。

本来の自分とは違う認識になるので、苦しいのです。

心が傷ついているとは、そういうことです。
傷ついている、のです。

傷は過去の物であっても、現在の生活に影響を及ぼす痛みを伴うものも存在します。

自分との約束を守れないことを、人のせいにしてしまう

そして、もう少し健康な状態の心でも、約束を守る大変さから逃げるために、人が与えてくれないから自分は辛いのだという事にしてしまう場合もあります。
けれど、本当に嫌なのは自分のやりたい事が出来ていない事の方なので、人を責めても何をしてもらっても、その場しのぎにしかならず、いつまでも違和感が残ったまま、どこまでも人に原因を求める…の繰り返しとなってしまうのです。

そのままだと、絶対に解決は出来ません。
けれど、この段階の場合は気がつく事で改善できる可能性が高くなります。

カウンセリングでできること

人の全ての行動は、「自分はこういう人間である」という価値観に従って行われています。

健康な心から外れていればいるほど、自分を大切に出来ず、幸せから遠ざかってしまう行動を取ってしまうのです。

自分を大切にする行動をとれば回復できる傷もありますし、幾重にも重なった傷の中からどの傷が本当に今の痛みを引き起こすのかを特定して、それを治療しなければならない場合もあります。

カウンセリングでは、どんな対応が必要か判断し、治療をしたり、どんな行動を取っていくかを選択するお手伝いをしたりすることが出来ます。

1人では行動を変えるのが難しく感じた時は、ぜひカウンセリングもご検討ください(^_^)

一度脱出できれば、カウンセリングを続けなくても、もしくは何かあった時や節目に時々受けるだけで、自分でコントロール出来るようになるので、今後の人生の質を変える機会になるかもしれません。

私が今守っている約束や、効果について、そうするようになった理由や事態についてなどをお話しながら、具体的な心の状態の改善の話をお伝えすることもできます。

ご予約お待ちしています♪

パーソナルタイプ診断・カウンセリングご予約、お問い合わせ受付ページ

2017.10.24

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です