脱ステなんていうこの世の地獄を一人でしなければいけないこんな世の中じゃ

昨日、ふれあいセンターのコンシェルジュさん企画のお茶会に始めて参加してきました♪

 

お茶会

温泉閣さんで仕入れたというとうふドーナツなど、
ちょっと身体に優しいお菓子と一緒に
Tさんが差し入れて下さったコーヒーや、
三年番茶などを頂きながら
ただただ、お話をするという会でした。

カフェインが苦手な人や
食事制限をしている人の事を考えた
コンシェルジュの皆さまの、心遣いがステキです♪

 

 

お話をするだけの会ってどんなものかな?と思いますが、みんな同じ肌の悩みを抱えているので、あっという間に打ち解けられるんですよね。

15:00までのはずが、コンシェルジュが閉まる17:00までの3時間すぐに過ぎてしまいました!

 

 

 

やっぱり、皆さま共通して言われるのが、
脱ステの辛さ…

 

私、今回自分まで泣きたくなりました。

 

 

脱ステって人によるとは思うけど、
ゾンビとか巨神兵とか言われる状態になることもある
それが年単位で続くこともある
この世の地獄です。

 

それを一人で乗り越えようとする…

 

 

私ね、本当に疑問でした。

 

ここまで大変な事に対して、
なんで誰も手を出してあげられないの?

 

なんで、当たり前に一人で泣いたり、
一人で苦しんで、
一人で手当てをしていないといけないの?
一番助けてあげなきゃいけない人じゃないの?
心も身体もどれほど傷ついてることか…

こんなに痛くて、
体温調節すら出来ないくらい弱って、
なのに、自分の傷の、
それも身体全体の手当まで…
毎日、何度も何度も死ぬほど痛い思いをして、
いつ治るかも分からないのに…
生きてるだけで精一杯なのに…

 

なんで、なんで、なんで…

 

 

こんな世の中間違ってない?

 

 

温泉と一緒に、病院があっていいと思う。
本気で。

脱ステがどれほどきついか、
もう分かりきってることなのに、
支える仕組みも作れないほど人って頭悪くないはず。
何のための人の知恵なの…?

 

 

 

他にも、皮膚の悩みとは関係ない
仮想通貨の話や、
人参の話(笑)
食事の話、
みんなのお仕事の話も色々と聞くことが出来ました。

 

色んな方がいるんですよね。
初めて来た方や、
ここ数年通ってる方、
もう毎年来ることに決まってる方。
全国に、ここに根付いてる人が居るのを感じられました。

今回、お茶会に参加して、
覚えててくださる方もいて、
私もだんだんこの場所に馴染んでるような気がして来ました。

なんだか、嬉しかったです♪

 

 

もう一つ印象に残ったのが恋愛の話。

こちらは、健康になって輝くのとはまた別の、
傷があるままでも、尊い存在であるっていう
世界観の話になってきます。

こちらはまた明日以降お話いたします。

 

豊富温泉のお茶会は・・・
同じ悩みで打ち解けられる、
人の人生を知れる、
仲間ができる…ステキな場所♪

 

ふれあいセンターのイベントに参加してみたいという方の参考になれば嬉しいです(^_^)
他にも、ぽっけの企画など、何かを作って楽しい時間・誰かと知り合える時間は色々あります★
湯治だけではないゆったりした楽しみが色々あるのが、豊富温泉の良いところですね。

さらに個人的なお話や、細かい部分へのご質問がありましたら、コメントやお問い合わせからお願いいたします。

お問い合わせ・カウンセリングご予約受付フォーム

2017.10.24

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です