悪口を気にしなくていい理由ー言うことが一番のマイナス

悪口というのは、言われた時だけでなく、聞いているだけで嫌な気持ちにさせられるもの。

悪口を言われて嫌な思いをしている人は、どうすれば言われないかということがとても気になるものだと思います。
嫌な思いをした上に、自分の何かがいけなかったのではないかと気に病んでしまったらとても辛いですね。

実は、悪口というものは実に単純で、パターンを理解してしまえばごく簡単に人生から締め出すことが出来ます。

今日からこの方法で、悪口と無縁の方向へ人生をかじ取りしてみてくださいね。

悪口を言う人、言わない人

悪口を言われる原因について、誰かの機嫌を損ねた時や、誰かに嫌われた時に言われてしまうと思ってしまいがちですが、それは勘違いです。

悪口というのは、言う人と、言わない人にはっきり分かれています。

悪口を言う人というのは、誰がどんな行動をとっても言います。
逆に言わない人は、誰がどんな行動をとっても言いません。

一人の人がいて、その人を怒らせたら悪口が飛び出すようになる、というものではなく、悪口を言う癖を持っている人を突けば出る、言う癖を持っていない人はどんなに突いても出ない、というようなものなのです。

つまり、悪口を避けるためには、誰かの機嫌を取る必要はなく、どの人が悪口を言う人か言わない人かを見分けて、言う人を避けて行けばいいということになります。

悪口を言われたことで自分を責めそうになってしまう人がいたとしたら、今すぐやめてください。

原因はいつも言う方にあるのです。

悪口に影響を受ける人、受けない人

ここで、悪口の影響を一番受けている人は誰か考えてみたいと思います。

言われて傷ついた人が一番の被害者だと、思ってしまいますね。

では、悪口を一番たくさん聞いている人は誰でしょうか。

それも、やはり悪口を言う人、本人なのです。
少し考えてみれば悪口の発生源なので当たり前なのですが、言った方はスッキリするのではないかという気がしてしまってなかなかそれに気が付くことが出来なかったりします。

けれど、悪口を言った所で、スッキリしてもう言わなくなるということはありません。
そのような方法で何かを解消しようとしても、どこまで行っても満たされることなく悪口にまみれた人生となってしまうだけなのです。

悪口というのは、誰に向けられたものでも、聞く人を傷つけます。
つまり、悪口を言う人は、常に悪口を聞き続ける人生なので、常に負の感情や負の言葉に苛まれ、常に苦しいところに自分を追い込んでいるわけなのです。

このことを知っている人は、悪口で一番苦しむのが誰かをよく分かっているので、聞いても本人に同情するだけで、自分がダメージを受けることはありません。

悪口とは、関わりを断つだけで良い

さて、言う方が悪口を産みだす原因を作っていると分かっても、聞くとどうしても嫌な気持ちになりますし、身近でなかなか避けられない所にそのような人がいると、何とかしてその人を変えてやめて欲しいと思ってしまいますね。

けれど、その人に何かを言って変わってもらおうとしても、本人が変わる気が無ければ人は変わりません。
関われば関わるだけ、余計なストレスに繋がってしまうような人とは、可能な限り関わりを断つのが一番の方法です。

一緒にいる時間を減らす。
会話の時間を減らす。
時間帯をずらす、など、あらゆる工夫をして悪口の発生源から離れて下さい。

とにかく、言わない人になってもらうために頑張ってはいけません。
本人が孤独になるなどで本気で困らない限り、変わりたいとは思ってくれません。
構ってしまえば構ってしまうほど、変わらないままでいてくれてしまうことでしょう。

悪口は、言う人からそっと離れ、出来るだけ関わりを断てば自分に何の関係もなくなります。
悪口が、自分に何か大きなことが出来る行為ではないと、まず頭に入れておきたいですね。

 

悪口を気にしなくていい理由
  • 悪口を言う人は、どんな状況でも誰にでも言うものである。
  • 悪口の影響を一番受けているのは、言っている本人である。
  • 悪口を言う人を変えようと思わなくていい。ただ離れればいい。

 

個別の悪口や状況について、解決の糸口が見えない時はご相談くださいね。

お問い合わせ・カウンセリングご予約受付フォーム

2017.10.24

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です